2008年09月30日

久々!!アーマードコアフォーアンサー SoMとアンサラー

Liveが24時間メンテということもあって、久々にアーマードコアフォーアンサーをやってみました。キャプチャしたのは巨大兵器アームズフォート(AF) スピリットオブマザーウィル(SoM)戦とアンサラー戦です。

アンサラーは発売ちょっとした後UPしようか迷ったのですが、最後のアームズフォートということもありネタバレを控えました。
まぁ、北米で先日発売されておりその発売記念と続編への願いを込めてUPするということで、、、、。

ちなみに両方とも初期レギュレーション(1.00)で難易度HARDです。

<スピリットオブマザーウィル(SoM)戦>
装備は両手ライフルと両肩羽3連レーザーの中量二脚。
最初のACを羽で仕留めてパージ(破棄)、SoMのミサイル発射台をライフルで破壊してまわってます。

<アンサラー戦>
装備は両手ライフル(最初に書いたマシンガンは勘違い、、、)に両肩Lロケの中量二脚。
Lロケを打ち切ったらパージして空中をふよふよ漂いながらマシンガン掃射。そこそこの速度があるとクイックブースト使わなくても意外とミサイルに当たらないもんなんですよね、、、。


20080930_acfa_af1.JPG
AFスピリットオブマザーウィル。ミサイル怖いです。

20080930_acfa_af2.JPG
AFアンサラー。その巨大さには圧巻。


【Zoome版 高画質】
http://zoome.jp/lennen/diary/43/ (SoM戦)
http://zoome.jp/lennen/diary/42/ (アンサラー戦)

【ニコニコ版 低or中画質】



尚、過去に書いたAFギガベース戦記事は以下の通りです。
アーマードコア フォーアンサー AF ギガベース戦
アーマードコア フォーアンサー AFギガベース戦@HARD
posted by れんねん at 04:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画投稿360

2008年09月08日

PURE デモ

4輪バギーによるオフロードレースゲームPUREのデモが海外にて配信されています。
空中でバンバントリックを決めながら大自然の中のコースを疾走するのは最高ですね。

トリックは、A・B・Y・LB&RBと左スティックの上下左右で決めていきます。トリックを決めると右下のメータが増えさらに難易度の高いトリックかXボタンによるブースとが使用可能となるようです。

なかなかトリックを決め続けるのが難しくて、結構失敗しています、、、、。
LB&RBと上下左右の組み合わせで出るスペシャルトリックはすごいんですが、トリックにかかる時間も半端ないですね。

さて、そんな「PURE」ですが、残念ながら日本での発売は予定されておりません。
海外にて、xbox360、PS3、PCで発売予定となっております。


20080908_pure1.JPG
大自然の中を疾走

20080908_pure2.JPG
空中でトリックを決めろ!


【Zoome版 高画質】
http://zoome.jp/lennen/diary/41/

【ニコニコ版 低or中画質】


posted by れんねん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画投稿360

2008年09月06日

Gamefest Japan 2008に参加


gamefest2008.GIF


9/5に開催された「Gamefest Japan 2008」に参加してきました。といっても講演を聞きに言ったのではなく、登壇者として参加してきました。

参加したのは、「実績の達人によるパネルディスカッション -理想の実績教えます-」というセッション。Xbox360に実装された実績について語るセッションです。
私は現時点で4万程度と語れる程実績は取得してないわけですが、本サイトであるDB-BOX360管理人のいちに引きずられて壇上にあがりました(^^;

登壇者は、メーカー代表で「5bpの盛さん」「某大手メーカーのMr.X」、メディア代表として「ファミ通Xbox360の松井ムネタツさん」、ユーザ代表として「DB-BOX360管理人のいち」及び私こと副管理人のれんねんでした。また、司会進行としてMSの巽さんも参加されてます。

まずは、MS巽さんから実績についての説明。知ってる人は知ってる実績の概要です。実績は最低限5項目とか合計1000とか。

次のお題は、思い出に残った実績というお題でトーク。各人のエピソードを語りました。 ムネタツさんが、XBLA「Double D Dodgeball」の8人対戦実績。オンラインに人が少なくて偶然開発者の人が部屋に入って来て、実績解除の為に人を集めてくれたってお話。あと、テストドライブアンリミテッドの「8000キロ走破」の実績。ハワイを走りまくりです。
盛さんが、トラスティベルのサブイ様イベント。苦労してサブイ様を終わらせたはずだけど寝ぼけて売っちゃったのか捨てちゃったのかサブイアイテムが足らなくて実績解除できなかったお話。サブイ様アイテム売ったり捨てたり出来ちゃいますからね、、、、。
Mr.Xが、あつまれピニャータの実績。ゲームと密着に連動した実績がすばらしいというお話でした。
いちさんが、NBA Live07のオンライン1000人実績。1000人同時オンラインの実績なんですが、人が少なすぎて取得がほぼ不可能、、、。海外の実績イベントに参加して解除したというお話でした。
また、私が挙げたのはGRAW2の「Ultimate Difender」。60分間陣地を守り続けるオンラインcoop実績なんですが、、、何度も挑戦した末に取れた実績でしたからね。日本語版発売前でフレンド繋がりで日本人を集めて挑戦した末の解除でした。

続いては話題は、理想の実績。
実績はメーカ側がどういう風にユーザに遊んで欲しいのかの指標であり、意図しない遊び方を強要するものではない。実績がユーザにそのゲームの新しい遊び方を気付かせてくれる。ランクマッチは真剣勝負であり対戦させないような実績を入れるような事はしてはならない、プレイヤーマッチで解除させるようにすべき。等々。

また、Mr.Xはメーカ側への意見として、「実績の解除状況をメーカ側も把握し、ゲームの遊ばれ方、どういったところがどういったところで解除されたのか、どこが遊ばれてどこが遊ばれていないのかというユーザのニーズ等の把握に利用する」とう話がありました。XboxLiveの実績関連データは非常に膨大であり、自社のみならず他社のゲームの実績解除状況等を調査しゲームに生かして欲しいところです。

実績を他の金品等への交換すると言うのはどうかとい話題に関しては登壇者全員否定。実績は自己満足のものであり対価をもらうものではない、と思ってます。

最後にMr.Xから、ゲーム開発する際に実績をどういう風に考えるか・実装するかについて解説。詳細内容はちょっと割愛。

と長々と列挙しちゃいましたが、上記のような感じで終了しました。
Xbox360が登場するまでここまで大規模なものがなかった実績システム。Xbox360が持つ大きな魅力の一つであると思います。使い方次第でXbox360登場以前にはなかった魅力をゲームに持たせる事も出来ます。ユーザ側としてメーカ側もその点を踏まえ練りに練った実績を実装して欲しいですし、マイクロソフトにはもっともっとアピールしていって欲しい点ではあります。

終了後の懇親会にも参加させて頂いて帰りにMr.Xといちさんとアキバで買い物して帰ってまいりました。そういえば、開発者とユーザが同じ壇上でパネルディスカッションするというケースがレアだそうで、、、。まぁ普通はしませんよね。

とまぁこんな感じでいろいろと楽しいGamefest Japan 2008でしたー。いい経験をさせていただきました。

posted by れんねん at 14:03| Comment(3) | TrackBack(0) | イベントレポート