2010年02月28日

【PSP】GTA・チャイナタウンウォーズ 発売前体験イベント

2/14に某中華料理店にて、3/11 PSPで発売予定のGTA・チャイナタウンウォーズの体験会に参加してきました。

GTA・チャイナタウンウォーズは既にDSにて発売されておりますが、PSP向けにパワーアップし移植した作品となります。海外では既に発売されており高い評価を得ております。

今回参加されたサイトの皆様は下記の通り、
ゲーム好きの戯言ブログさん
カオスな情報置場さん
小太郎ぶろぐさん
ゲームかなーさん
はちま起稿さん
PS3 FANさん
XNA Todayさん
わすこのブログさん
わぷわぷだいあり〜♪さん


体験会では、開発者のリッチ・ロザード氏の説明を受け数ミッションをプレイ、質疑応答が行われました。ここではミッションをプレイした感想にスポットをあててます。
質疑応答に関してはわぷわぷだいあり〜♪さんの記事を参照下さい。


というわけで以下に気づいた点・聞いた点を列挙してみます。
・ミッションのプレイ時間は10分前後となっており、1ミッションは短い。携帯ゲーム向けにさっとやってさっと終れるような感じとなっている。
・ミッションの最短クリア時間は記録されているので最短クリアを狙う等やり込みするのもあり。
・ミッションの各所に多種多様なミニゲームが織り交ぜてある。
・ミッションの種類も多種多様。放火、バイヤーとの取引、暗殺等々。
・武器も当然多種多様。体験会で確認しただけでもハンドガン・ショットガン・バット・火炎放射器。他にも沢山あるそうな。
・GTAの特長とも言えるオープンワールドは健在。ミッション目的を放り出して車強盗にやったりドライブしたり、間違いなくGTA。当然街も24時間活動しております。
・視点はGTA1のような見下ろし視点だが、3Dモデリングされており立体感あり。マップが回転する時に変なつっかかりもなく、PSPのパワーを存分に使っている。PSPのグラフィックとしては間違いなくトップクラス。
・日本での規制内容に関しては、多少の文言修正はあるもゲーム性に影響するようなものはなし、やってて気づかないレベルだとの事です。

という訳でPSPでここまで出来るのか!?と思える「GTA・チャイナタウンウォーズ」3/11 サイバーフロントより発売です!
posted by れんねん at 14:29| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントレポート

2010年02月07日

「アーミー オブ ツー:The 40th Day」体験会

 記事が遅くなってしまいましたが、1/30 EAにて行われた3月25日発売予定(Xbox360/PS3)の「アーミー オブ ツー:The 40th Day」の先行体験会に参加して来ました。

 参加メンバーは下記の通り。活躍されているブロガーさん達に混じってきました。
はちま起稿さん
小太郎ブログさん
ゲームかなーさん
XNEWSさん
わぷわぷだいあり〜♪さん

 さて、「アーミー オブ ツー:The 40th Day」ですが、前作にあたる「アーミー オブ ツー」もXbxo360/PS3にて発売しております。
 この「アーミー オブ ツー」の特徴的な点として、2人で協力し戦闘する事をベースにアグロメーターを採用している事です。アグロメーターとは、敵が2人のうちどちらに注目を集めているかを示すメーターで、一方の味方に注目が行っていれば他方の味方への注意が散漫になり、側面回り込み等敵に気づかれずに実施可能なシステムです。発砲すれば敵の注意を引きつけアグロメーターが発砲した側へ傾きます。これを利用し一方が敵前で派手に戦闘し、他方が回り込み等で敵を攻撃するのが基本的な戦闘スタイルになります。
今作「アーミー オブ ツー:The 40th Day」でも当然中核となるアグロメーターのシステムはそのまま採用されております。

 体験会ではキャンペーンモードを1人プレイする事が出来ました。2人で戦っていく事が前提ですので、片方はAIが操作プレイヤーが支持を与える形になります。
 さて、いつもの通りざっと列挙していきます。
・AIにはオフェンシブ・ディフェンシブ、前進・待機・合流といった大まかな支持を与える。それを駆使してAIを操って行く。
・イベントで2択を迫られる事がある。その選択次第で武器が手に入る事もある。周回プレイして全選択を確認したいところ。
・武器のアップグレード・購入はゲーム中いつでも可能(前作はミッション間のみ)
・武器のアップグレードは銃身・スコープ・塗装等々多種多彩
・マップが入り組んでいてなれるまでなかなか思い通りいかなくて難しい。側面回り込みが見事成功した時は爽快。
・敵の銃を拾う事が可能。使い捨てで、手持ちの武器・弾薬とは別扱いなのでうまく利用しよう。
・金色塗装やダイヤモンド装飾グレネードは派手過ぎデス
・当然オンラインCo-opあります。協力してプレイする事により面白さは倍増する事でしょう。

 下記ははちま起稿さんが弾痕でカバに作った様子をカシャリ。弾痕が消えずに残ってます。
100207_aot_taiken.jpg
posted by れんねん at 12:15| Comment(2) | TrackBack(0) | イベントレポート