2010年03月22日

【PS3】バトルフィールドバッドカンパニー2 オンライン交流イベント

3/20に実施されたPS3 FANさん主催のPS3版バトルフィールドバッドカンパニー2 オンライン交流イベントに参加、イベントの模様をキャプチャしてみました。

交流イベントではプライベートマッチを利用しラッシュにて攻守合計8戦をプレイ。攻守セットで部屋を解散し、再度招待を送る形で実施されました。

イベントでは旨い方が非常に多く全く歯が立たない状態が多々ありました、、、、。車両やヘリがうまい人にフルボッコです。が、その8戦の中でも比較的マシなプレイを上げたつもりです。

私の使用兵科は突撃兵一辺倒で、突撃あるのみです!倒されては蘇生してもらうの繰り返しです。

尚、衛生兵に蘇生してもらったタイミングでキャプチャにエラーフレームが入ってしまいました。原因は不明ですがエラーフレームはカットし前後にフェードインを入れる編集を入れてます(2箇所)。

爆弾設置中
20100322_bfbc2_ps3_1.png

アサルトライフルで狙ってます
20100322_bfbc2_ps3_2.png

【Zoome版 高画質】
http://zoome.jp/lennen/diary/85/

【ニコニコ版 低or中画質】

posted by れんねん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画投稿PS3

2010年03月21日

バトルフィールドバッドカンパニー2

3/11にバトルフィールドバッドカンパニー2(BFBC2)がXbox360/PS3にて発売されました。
ちょっと時間がなくてあんまりプレイ出来てはおりませんが、ボチボチとマルチプレイをやっております。

BFBC2では前作同様シングルプレーと最大24人でのマルチプレイが可能です。

マルチプレイでは、ヘリや戦車やジープ等の乗り物、UAVやヘビーマシンガンやミサイルといった武装を利用し戦って行きます。
当然、自分の兵科も選択可能であり、突撃兵・工兵・衛生兵・偵察兵が存在します。突撃兵はアサルトライフルを近中での戦闘、工兵はロケラン等にて対車両及びサブマシンガンを使った閉所制圧、衛生兵は蘇生キットを使った味方兵の蘇生とライトマシンガンによる歩兵戦、偵察兵はスナイパーライフルを使った遠距離戦、が各兵科の特徴となっています。ちなみに私はほとんど突撃兵です。突っ込んでは死ぬというのを繰り返します、、、。

主な対戦ルールはラッシュとコンクエストがあります。
ラッシュは前作のゴールドラッシュとほぼ同様、攻撃防御に分かれて敵M-COMを破壊していくルールです。コンクエストは伝統的なバトルフィールドのルールで、陣地取りです。他には分隊デスマッチや分隊ラッシュ、ダウンロードコンテンツによるルール追加も予定があるそうです。

マルチプレイでは最大4人にて分隊を組み、他の隊員をリスポーンポイントとして利用可能である等部隊単位での戦闘が基本となっています。この辺も前作と同様ですね。フレンドと部隊を組みプレイすると面白さが数段跳ね上がります。
また、相変わらず派手に破壊可能な建造物、うまい人が乗ると手がつけられない車両なんかも変わらず、、、、。ランクが上がる毎に使用可能な武器がアンロックされていく仕組みも前作同様です。
前作をプレイした人はそのままの感覚でプレイ可能なのではないでしょうか。

下記は、以前体験版にてキャプチャした動画です。


posted by れんねん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月08日

【DS】「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」 体験会に参加

 3/7 都内某所にて行われた「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」の体験会に参加してきました。

 今回参加された方々は以下の通り。

2Gamersさん
オギャンな日常さん
ゲーム特盛・映画サラダ・小説一丁やっと…ブログさん
XNA Today管理人日記さん
はちま起稿さん
7974さん
ゲーム好きの戯言ブログさん
わぷわぷだいあり〜♪さん
わすこのブログさん

 今回の体験会では前半2時間のプレイ、後半30分アドホック通信による協力プレイをプレイしました。
 「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」は当然3作目ですが、1作目・2作目ともに私は未プレイです、、、。3作目は是非時間を取ってやりたいところ。

・世界樹の迷宮の特徴であるマッピングは当然3作目でもあります。その昔はウィザードリィをやるのに方眼紙に鉛筆でマッピングを(以下略。ということで昔を懐かしんでプレイしました。独特の手動マッピングは良いですね。
・初期キャラとして、前衛:ファランクス(盾)、ウォーリアー(攻)、モンク(攻and回復)、後衛:プリンセス(支援)、ゾディアック(属性攻撃)を選らんでプレイしてみました。少なくとも序盤はモンクがいないと回復役がいなくて苦労しそうな感じです。
・前作からもそうですが、レベルが上がる毎にスキルポイントを1つ入手。キャラのスキルに割り振りをする事により同じクラスでも育て方に差が出ます。ポイント一つ振るのにもなかなか考えさせられますが、非常に楽しい。後半は大きな差になるんだろうなぁ。
・RPGの作りとして当然ながら、ダンジョンには非常に手ごわい雑魚敵が混じってます。出会ってしまったら逃げるのも手の内。体験会中もたくさんの方が某敵の餌食に、、、、。
・ある程度進めると、船で海に出ることが出来ます。航海に関しても当然マッピング可能。
・航海しなくても、ダンジョンを最後までクリアする事は可能。大航海クエストのドロップアイテム以外はダンジョン側に影響せず、航海のみにて完結している。

協力プレイに関しては以下の通り。
・航海中に大航海クエストという形で協力プレイ用のクエストを受けることが可能になります。
・アドホック通信にて協力プレイが可能。プレイ可能なのは大航海クエストのみです。
・大航海クエストはクリアしても何度でもプレイ可能です。
・それぞれの人からキャラを持ち寄ってパーティを組み、自分のキャラのコマンドを入力して戦闘を行う。
・キャラは当然参加した時点状態のまま(HP/TP)だが、アイテム等も持ち込みます。
・参加者5人でその日育てたキャラを持ち寄って協力プレイしましたが、それぞれのキャラの役割を果たしながら相談してプレイするのが非常に楽しいです。
・が、大きく戦闘力が離れている人と協力プレイするのはなかなか厳しいかな。
・ディレクターの小森さん曰く、"「世界樹の迷宮」シリーズはテーブルトークを意識して開発している作品ですので、兄弟や友達で楽しんでいただければと思っています。"だそうです。

 ということで、「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」は4/1にDSにてアトラスから発売予定です。

おまけ、ジャックフロスト自販機。
20100308_sekaiju3_trial.JPG
posted by れんねん at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート

2010年03月07日

【PS3】GOD OF WAR III 体験会に参加

 3/6 都内某所にて行われたPS3のゴッド・オブ・ウォー コレクション、ゴッド・オブ・ウォーIIIの体験会に参加してきました。

 今回参加された方々は以下の通り。

2Gamersさん
ゲーム特盛・映画サラダ・小説一丁やっと…ブログさん
情熱の記憶さん
はちま起稿さん
360(サブロクマル)さん
ゲーム好きの戯言ブログさん
ゲームかなーさん
XNA Today管理人日記さん
わぷわぷだいあり〜♪さん
わすこのブログさん
PS3FANさん

 体験会は、ゴッド・オブ・ウォー コレクションの試遊、ゴッド・オブ・ウォーIIIの試遊という順番で行われました。ちなみに私は1作目も2作目もプレイしていないので、その前提でお願いします。


 まずはゴッド・オブ・ウォー(以下GOW) コレクションから。
・PS2で発売されたGOWとGOW2のHDリメイク版
・滑らかな動きと安定したフレームレート。オリジナルは30FPSだったが、60FPSになったそうです。
・さすがに最新のHDゲームにグラフィックは見劣りするも、アクションゲームの根幹部分がしっかり作ってあるので、まだまだ遊べる。
・初めてプレイしましたが、ギミックが非常に多彩。
・1をプレイ中している時に、2をプレイするには一旦ゲームを終了する必要がある。メニューからタイトルに戻ってー、というのは不可。ちょっと残念なところ。

 続いてメインのゴッド・オブ・ウォー IIIです。序盤から試遊させて頂きました。
・現行ゲームの中でも最高のグラフィックレベル。大きなフレームレート落ち込みもなくスムーズに安定している。すごい。
・序盤のステージはタイタン族500mの周りを2mのクレイトス(操作キャラ)が目まぐるしく動くステージ。ステージとなっているタイタン族やボスのでかさがすごい。突然足元がひっくり返り上につかまるような状態になる等ダイナミックに変化します。SCEの方曰く、"前作までは背景としてしか描写出来なかったところを生きているモデルとして表現する事が出来た"、そうです。
・GOW1,2作目とプレイ感自体は変わらない。GOWを順当に進化させています。
・イベントシーン中にボタンを押す俗に言うQTEですが、□なら左端、×なら下端という風に明確にわかるようになっています。巨大なテレビを前にやっていると端が目に入らず気づかない事があるかもしれないのでそういう人は注意して満遍なく画面を見ましょう。
・イベントシーンでクレイトスに攻撃される側視点になる部分がありました。ボタンにあわせて自分が攻撃される、、、なかなか斬新なだと感じました。
・日本向けの表現変更は入っていて、極力カメラアングル変更にて対応したそうです。変更の対象は、暴力表現とセクシャルな表現。
・死んだ場合直前のチェックポイントからリトライ可能なのですが、リトライ選択時にちょっとローディングが入ります。もう少しローディング短くならないのかな?とは感じました。ボスで何度も死んだのでそう感じたのかもしれませんが。

 ということで結論としては下記の通りです。
結論:GOW3は間違いなく世界最高のアクションゲームとなるだろう。

 ゴッド・オブ・ウォー コレクションは3/18にカプコンから、ゴッド・オブ・ウォーIIIは3/25にSCEからPS3にて発売予定となってます。
posted by れんねん at 22:07| Comment(2) | TrackBack(1) | イベントレポート

2010年02月28日

【PSP】GTA・チャイナタウンウォーズ 発売前体験イベント

2/14に某中華料理店にて、3/11 PSPで発売予定のGTA・チャイナタウンウォーズの体験会に参加してきました。

GTA・チャイナタウンウォーズは既にDSにて発売されておりますが、PSP向けにパワーアップし移植した作品となります。海外では既に発売されており高い評価を得ております。

今回参加されたサイトの皆様は下記の通り、
ゲーム好きの戯言ブログさん
カオスな情報置場さん
小太郎ぶろぐさん
ゲームかなーさん
はちま起稿さん
PS3 FANさん
XNA Todayさん
わすこのブログさん
わぷわぷだいあり〜♪さん


体験会では、開発者のリッチ・ロザード氏の説明を受け数ミッションをプレイ、質疑応答が行われました。ここではミッションをプレイした感想にスポットをあててます。
質疑応答に関してはわぷわぷだいあり〜♪さんの記事を参照下さい。


というわけで以下に気づいた点・聞いた点を列挙してみます。
・ミッションのプレイ時間は10分前後となっており、1ミッションは短い。携帯ゲーム向けにさっとやってさっと終れるような感じとなっている。
・ミッションの最短クリア時間は記録されているので最短クリアを狙う等やり込みするのもあり。
・ミッションの各所に多種多様なミニゲームが織り交ぜてある。
・ミッションの種類も多種多様。放火、バイヤーとの取引、暗殺等々。
・武器も当然多種多様。体験会で確認しただけでもハンドガン・ショットガン・バット・火炎放射器。他にも沢山あるそうな。
・GTAの特長とも言えるオープンワールドは健在。ミッション目的を放り出して車強盗にやったりドライブしたり、間違いなくGTA。当然街も24時間活動しております。
・視点はGTA1のような見下ろし視点だが、3Dモデリングされており立体感あり。マップが回転する時に変なつっかかりもなく、PSPのパワーを存分に使っている。PSPのグラフィックとしては間違いなくトップクラス。
・日本での規制内容に関しては、多少の文言修正はあるもゲーム性に影響するようなものはなし、やってて気づかないレベルだとの事です。

という訳でPSPでここまで出来るのか!?と思える「GTA・チャイナタウンウォーズ」3/11 サイバーフロントより発売です!
posted by れんねん at 14:29| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントレポート